見切り発車ブログに往復ビンタ差し上げます JugemやめてWordPressにした経緯

グアテマラに来てから始めたJugem無料ブログを1ヶ月そこらで辞めてWordPressの王道テーマ“ストーク”使いはじめるという、サラリーマン仕込みの移り気と長いものに巻かれろ精神の見事な連携プレイを見せたオチョ(@diadecanicula)だけど、この記事では、なんでWordPressにした?ってとこをサクっと書くことにする。

協力隊あるある?祝 見切り発車ブログ出発進行~

女王様
青年海外協力隊になって箔がついたところで~
途上国での生活&国際協力っていうある一定の需要が見込めるだろう、という安易な思惑で~
ブログ始めたやつは~
どこのどいつだい~?

オチョ
じ、自分であります!!
女王様!!

いやもう、ホントね、今思うと本当に見切り発車的に書き始めて、Jugemで20記事ほど書いていた。

もちろん記事そのものは真剣に書いていたし、伝えたいという意欲もあったのだけれど、そのブログというツールで何をしたいのか?とか、どんな人に読んで欲しいのか?とか、協力隊終了後にどのように運用したいのか?とか、そういう展望みたいなものがすっかり抜けていた。

何より、お手本とすべき他の人のブログを何も見ずにはじめていた!

報告型・発信型 2種類のブログ

ブログを書くようになってから、ブログ村に登録して、それからようやく、そこに登録されている他の色んな協力隊のブログを見るようになった。

それで気づいた、協力隊ブログってざっと以下の2種類に分けられるな、と。

1.身内向けの報告型ブログ

2.他者向けの発信型ブログ

二つの特徴はざっとこんな感じ。

報告型ブログの特徴

  • 主に家族、日本にいる友人、他の同期隊員及び顔見知りの協力隊関係者に読まれることを想定
  • 見た景色、聞いた言葉、体験したこと等、時系列で近況をありのままに伝える
  • 協力隊活動に関することを書く
  • 主にFacebookで拡散、ツイッター等、外部と繋がるSNSと連携していない(ツイッターはそもそもロックする傾向) 

発信型ブログの特徴

  • 協力隊関係者に限らず、赤の他人も含め幅広い層の人に読まれることを想定
  • 実体験に加え、自分がそこから何を感じたか、どうしてそう感じたのか、まで言及して伝える
  • 協力隊活動に関する・関しない問わず書く
  • ツイッターやはてなブックマーク等のSNSと連携して、いろんな人とインタラクティブに意見を交わしている 

報告型のブログを分かりやすく言ってしまえば、利用する目的としてはFacebookで友達に近況をアップするのとあまり変わらなくて、ただFacebookにそんなに長文をアップするのも気が引けるのでブログで代用している、という印象だ。

で、意外だなっと思ったのは、ブログ村に登録している(しかもその中でINポイント上位を占めている)ブログのほとんどが報告型ブログだったことだ。

パイセンブロガーから思いっきり往復ビンタ(個人の感想です)

私はというと、無料Jugemブログで、1カラムの超シンプル無料テンプレートで、それでも一応、発信のつもりでがんばって記事を書き続けていた。

手前味噌だが実際、ブログ村に登録するや否やトントントーンとランクが上がっていき、10記事くらい書いたらトップ5に入っていて、ちょっといい気になっていた。

オチョ
なーんだ、ブログなんて簡単じゃーん、ヘッヘヘーイ、、(でもなんか違うような、、、)

という変な心境。

1カラムって、書いた記事がどんどん下のほうへ下のほうへ下のほうへ、、、そして二度と日の目を見ることが無くなる、一生懸命書いた記事なのになんか寂しい、、、。

そんなときに見つけたのが、超高校級の発信型ブログ、僕はネパールを変えることが出来ない。↓

(はじめて読む方へオススメの記事はこちら)

ブログ村INポイントランキング的にはあまり上位にいなかったので気づくのが遅かったけど、何かもう、ブログ村のランキングとか眼中に無いよ、っていう感じで、バッシバシ発信していた。

その記事を読むと、“僕はこう思うけど君はどう思う?”って、そんな風に書いてなくても、文面からそんな問いかけが伝わってくるようなパワーがあった。

圧倒的な発信力。(ベシッベシッ ← 往復ビンタ)

オチョ
あぁ、、、やっべ、、、俺が書きたいブログってこっちだったわ・・・

そこから急いで軌道修正、あれこれ考える時間ももったいないと思ったので一番王道そうなブログテーマの“ストーク”を購入して、途上国の限られたネット環境で設定とか色々がんばって、こうしてWordPress版カニクラの日が誕生した。

あなたがブログを書く目的は?一回ちゃんと冷静に考えよう!

別に発信型ブログのほうが優れてる、とか言いたいわけじゃない。

報告型ブログでも発信型ブログでも、ブログを通して何がしたいかっていう目的の違いに過ぎず、両者に優劣なんて無い。

でも協力隊ブログって、自分もそうだったけど、協力隊になったしいっちょブログでも始めっか、みたいな、結構安易にスタート切ってしまいがちではないかな、と。(私、、、だけじゃないでしょ?きっと、、、。)

いや、実際きっかけはそんな感じでいいと思うけど、そのブログの目的は身内への報告?他者への発信?ってのは考えないとマズい。

んで、身内向けならまだしも、もし発信型でやりたいならそれなりに他のブロガーさんの記事を読んで、SNS(ツイッター、はてブ)との連携とか、読まれるブログの書き方とか、最低限のことを抑えるのはビギナーの姿勢として必要だったな、と。

もっと突き詰めるとタイトルとかキーワードとかSEOとか、あ、最近ペルソナっていうの覚えたw、でもまだ何か他にも色々ある!(実際いまだにちゃんと理解できていない)

誰かさんみたいに、

オチョ
オレには優れた文章力があるからそーゆーハウツーなんか無くたって余裕さ

とかいって誰のブログも参考にせず、何も考えずに書き始めて、そこそこ運用して記事数もそこそこ増えた後に

オチョ
やべ、俺が書きたいブログってこういうことじゃなかった!・・・

ってなっちゃったらもうそこで書く気も失せちゃうじゃん?

もしくは惰性でなんとか2年間書ききっても、

オチョ
活動終わりました。2年間読んでくださりありがとうございました・・・・・・

と締めくくっておしまいなんじゃないかな、と。

しかもここ最近、若い世代がバンバン発信型のブログ始めてきている。(特に今この2017年7月現在、駒ヶ根や二本松の訓練所にうじゃうじゃいそうな気が・・・笑)

果たして、彼らの発信力を横目に、己の文章力だけでブログを2年間継続させるだけのモチベーションを維持できるだろうか?

オチョ
おじさんにはムリです~

あの、別にブログを始めるハードルを上げたいわけじゃない。

寧ろブログやりたいと考えているなら途上国に来る前に、日本のネット環境で早くはじめることをオススメする。

言いたいのは、見切り発車であとから後悔するくらいならしっかり情報集めて自分が書きたいブログ像をある程度見定めなくっちゃ、私のようにJugemからWordPressへのリライトに時間も労力も割かれてへとへとになるの、もったいないってこと。(自戒の念を込めて)

と、いうわけでまとめると、これは自身への反省の意味を込めた記事であると同時に、ブログこれから始めようとする人が見切り発車を踏みとどまるきっかけにもなったら幸い、という老婆心満載な記事であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA