父と子が紡ぐ糸 グアテマラで見たステキなカゾクのカタチ

自称、グアテマラで青年海外協力隊としてボランティアしているオチョ(@diadecanicula)だけど、多分これがはじめての、現地での活動の様子や現地の人々が写った写真が載っている記事である。(本当にグアテマラで活動しているのだよ)

ところで私は日本にいたときメーカーに勤めていたので、『ものづくり』とか、『職人』て言うものに並々ならぬ愛着を持っている。

この記事ではそんな職人萌えな私が、活動のなかで出会ったポンチョ職人の家族、父と息子の間で受け継がれる職人の魂、ささやかな生計と家族の支え合いが織り成すハートウォーミングなヒューマンドラマをお伝えする。

家族で切り盛りするポンチョ工房

ガッタン・・・・・ガッタン・・・・・

羊毛を打ち付ける機織り機の音が定期的に響く、ココはグアテマラ、住人比率のほとんどをインディヘナ(ラテンアメリカ先住人)が占める、西部山岳地域のとある町。

私の活動はざっくり言うと、グアテマラ現地の中小企業の活動を活性化し、彼らがより経済的に自立できるよう支援しよう、というもの。

そんな活動の一環で、“優良な企業同士の交流を深め、互いに意見交換し、各々が持つ知識や経験をシェアすることで相乗効果を生み出そう”という目的で、地元の企業団を引き連れて隣町のポンチョ工房を訪れたのだ。


(自然染色に使う植物を説明している)

羊毛100%のポンチョに自然染色、ナチュラル製品好きにはたまらない工房ツアーヽ(・∀・)ノ。

家族の支え合い


(ドン・ルイスが羊毛を糸に紡ぐ工程、簡単にやっているようだけど結構難しい・・・)

羊毛機織の道一筋で家族を支えてきた職人であり一家の大黒柱、ドン・ルイス。

この工房のこと、どの機材をどの程度の力具合でどうやって動かせばどうなるか、その全てを把握している本物の職人。

ベテランの職人さんというのは何かこう、工房との一体感があるんだよね。

口数は少なめ、シャイ、でも熱い心、そんなところに日本の職人さんとの共通点を感じる。

 

 


(トルティーヤを焼くセニョーラ)

家族を支え、職人である夫を支える縁の下の力持ち。

私たちを焼きたてのトルティーヤでもてなしてくれた。

オチョ
いやぁ、もうおなかいっぱいだからだいじょーぶっす!

なーんて言ったら遠慮していると思われてさらにトルティーヤを差し出してくるセニョーラ。

セニョーラ
遠慮しなくていいからお食べ、ほら、チーズもあるからお食べ!

オチョ
チーズ、じゃあ焼きたてトルティーヤにチーズを乗せてソースを塗り塗りして・・・

セニョーラ
あんたそれじゃピッツァじゃないの(笑)!

てな感じでアットホームで暖かなおもてなしを受けたわけで。

 

 


(ポンチョを織る息子)

ドン・ルイスがツアーで私たちに工房の説明をしている間、その片隅で熱心にポンチョを織り続けていた息子。

父親の背中を見てポンチョ織りを学んだ息子。

父から子に受け継がれる職人の技術、そして職人の魂。

こうゆうのって、シンプルに素敵。

 

 


(スマホゲームをする末っ子)

ドン・ルイスがツアーで私たちに工房の説明をしている間、その片隅で熱心にスマホゲームを続けていた末っ子。

たまに駄々をこねるとお兄ちゃんが作業を中断して優しくあやしてあげる。

まぁ今はアレだけど、もう少し大きくなったらお兄ちゃんを見習うんだぞ!笑

 

 


(つながれた犬)

外につながれていた。(おしまい)

あと、娘さんたちはみんな嫁いでしまったんだそうな。

受け継がれる X 新たに生まれる

家族の愛、支え合い、職人の魂、スマホゲーム、、、このツアーを通して、職人一家の幸せな生活を垣間見て、私は多くの感動を得ていた。

日本でサラリーマンをしていたときには、こんな幸せそうな家族の笑顔を見る機会なんてそうそうなかったなぁ、と。

もうこの時点でおなかいっぱいだった。

そんな中、この日一番の感動の瞬間がツアー終盤にあった。


(本当にステキなカゾク)

私たちが連れていた企業団とドン・ルイスとで意見交換をしている時間、企業団のうちの一人がドン・ルイスにこんな質問をした。

ツアー参加者
この工房のブランド名は何ですか?

質問を受けると、困惑する表情を見せるドン・ルイス。

私がこの意見交換の前に彼にインタビューしたところ、彼の集客方法はいたってアナログなものだった。

同郷の旧い友人がたまたまグアテマラ第二の都市、ケツァルテナンゴにてスペイン語の語学学校をやっている。

なのでその友人と工房見学ツアーを企画して、語学学校でスペイン語を学ぶ外国人の生徒達を工房に招き、そこでお土産を買ってもらうなどして収益を得ている、というものだった。

なので、困惑しているのはきっと、特にブランド名とか考えていなかったからなんだろうなぁ、と思っていた。

すると、ドン・ルイスはおもむろに息子のほうを見てこういった。

ドン・ルイス
お前が作ったやつ、あれ、何て名前だったっけ?

すると息子が答える。

息子
B’ats’inik(バツィニク)だよ。この工房のブランドはB’ats’inik。

すると息子は携帯にある画面を写して皆にみせてくれた。

息子は、工房のFacebookページを作っていた。

コレを見た瞬間、もうね、鳥肌が立った。

言葉でどう表現していいのか分からないんだけど、とにかくこの瞬間、私は強烈に感動したわけであって。

アナログな手法で集客し、家族を養うまでにこの工房を支えた父のドン・ルイス。

その父から受け継いだ技術に加え、Facebookページを作って、ネット上で工房の名を広めることで新たな集客を試みる息子。

この父と子、世代の異なる新旧の職人が、お互いの持っているものを持ち寄って一つの『ものづくり』に挑む、っていうこの感じ。

糸を紡ぐって、こういうことなんだなぁ、と。

素敵な家族だなぁ、と、こんな家族、将来自分も持てたらなぁ、と。

あぁ、これを表現するうまい例えも思い浮かばない。

言葉足らずだ、申し訳ない!

うまく伝わったか分からないけど、どうしてもこの感動が伝えたくて記事を書いてみた。

こうして日常の中で感じた小さな感動を拡大コピーするような記事、今後たくさん書けていけたらいいなぁ、なーんていい人っぽいこと言ってしまう今日この頃。

おまけ

その工房、B’ats’inikで素敵なパーカー買いますた。


(ちょっとでかいけどお気に入り)

羊毛100%、あったかいのは身体だろうか、心だろうか。←いいキャッチコピー?笑

2 件のコメント

  • 素敵なお話でした。
    18-1でアルタベラパス県コバンに赴任していた者です。今後も楽しみに読ませていただきますー

    • Esquivel Mariさん
      先輩、はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      グアテマラの生活を知っている方にこの感動が伝わって、光栄です。
      これからも色んな記事を書いていこうと思っていますので、よろしくお願いします。
      オチョ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA