飲み会メンバーを「枠」でくくる悪習について物申す

お酒も飲み会も好きなオチョ(@diadecanicula)だけど、

○○課飲みしよー!

クラス飲みしよー!

班飲みしよー!

こういう課とかクラスとか班みたいな、自分が所属する何かしらの「枠」でメンバーをくくるのがきらい、である。

もう、だいきらい、である。

だいきらいだから、物申してみた。

そもそも嫌いになったきっかけ

この「枠」に対する嫌悪感を明確に意識したのはサラリーマン時代である。

私はとあるメーカーの営業課に所属していたが、サラリーマンの飲み会といえば大概この同じ課、あるいは部に所属するメンバー、という「枠」でくくられる。

日中ずっと一緒に仕事をしているメンバーと、なんでアフター5まで一緒にいなければならないのか?

村社会の名残なのか?これが仲間意識ってやつなのか?

意味が分からない。

しかも私の勤めていたインフラ・産業用機械のメーカーは男社会、営業課にいるのはおっさんばかりだ。

いや、そんな飲み会が面白いわけがなかろうも!!!意味が分からん!!!

そんなとき見つけた解決策

でもお酒も飲み会も好き、そんなときどうするべきか?

簡単である。

あるときから、部署とか入社年度とか関係なく飲みに行きたい人と飲みにいくことにしたのだ。

あるときは他部署の若手を集めて若者だけでワイワイ、あるときは尊敬する上司に個別に声をかけてしっぽり、あるときは工場の頑固親父とさしでひざ突き合わせてがっつり、と、「枠」にとらわれずメンバーを都度変えていた。

部とか課の内輪感が強い会社だっただけに、このように社内でにフットワーク軽くいろんな部署の人と絡む人はあまりいなかった。

パイセン
オチョはよく色んな部署のかわいい女の子人たちと交流持っていて凄いな~

と、パイセンにはよく羨ましがられたものだ。

アイキャッチ画像に設定しようとしたけど直前で恥ずかしくなってやめた画像はこちら!

「枠」でくくるメリットとデメリット

公平性を保つため、「枠」でくくるメリット・デメリット、両者について言及しておく。

メリット

例えばある「枠」に所属してまだ日が浅い時期はこの「枠」が活躍する。

「枠」でくくることによって希薄な人間関係においてもある一定の人数を確保することが出来、その中でお互いのキャラクターや相性を確認することが出来る。

お互いの距離感を測りかねているタイミングにする「枠」でくくった飲み会は互いを知る上でよい機会だ。

それから、、、えっと、、、あ、メリットこれだけかな。

デメリット

あとはもうデメリットしかない。

同じ「枠」内で何度も飲み会重ねたところでその馴れ合い感はハンパない。

新鮮な情報も出てこず、同じ話何度もするおっさんとかでてきて、まあ退屈だ。

それに「枠」でくくると、参加者の間でテンションのばらつきがある。

あまり来たくなかったけど「枠」に入っているから行かなければという義務感を与えてしまい、仕方なく来た巻き込まれ型の参加者がいるからだ。

テンションにばらつきがある飲み会は統一感も無く、面白くない。

やたらと多人数にもなるので席順とかにも大きく左右される。

大して話したくもない人に囲まれてしまった時の2時間はどうすればいいのか。

最大のデメリットは飲みたい人と飲めないこと

こんなことがたまにある。

オチョ
今度の金曜日の飲み楽しみだね!

女性A
ごめん、その日○○課の飲み会が入っちゃった!

オチョ
orz

そう、参加しなきゃという義務感のある枠飲みは個人的にお誘いした飲みよりも優先されてしまわれがちなのだ。

さらには、その「枠」は外からの参入を妨げる壁にもなる

本当はあの人と飲みたいのに、「枠」に入ってないから呼べない(参加できない)、とか、個々の飲みたい人同士で飲めない状況を作る「枠」は本末転倒である。

こんな誰得な「枠」ならさっさと取り払って行きたいやつだけで行ってくれ!

結論

「枠」でくくる飲み会は最初の一回だけでよし!

つまらない飲み会の本質は「枠」

飲み会なんて金と時間の無駄だ!

こんな最近の若者の主張はとても的を射ていてその通り、と思うのだけど、でもその本質はそもそも飲み会のメンバーを「枠」に頼ってしまっていることではないだろうか。

共感を求めるときは同世代の似たような価値観の者同士、刺激を求めるときは別世代の自分と全く異なるバックグラウンドを持った人と、関係を深めたいときは関係を深めたい相手と。

そうやってその都度、飲みたい人、お話を聞きたい人、逆に聞いて欲しい人、そういう人たちに自分から積極的にアプローチしてメンバーを人選出来ている人は果たしてどのくらいいるのだろう。

飲み会そのもののよいところは、昼に出てこないその人の情報がたくさん出てくるところ。

お酒が好きじゃなくても、人が好きなら飲み会は楽しい。

飲む相手を選んで個別に声をかけて集まったもの同士の飲み会は、参加者の「飲み会を楽しみたい」という気持ちのベクトルが合っていて楽しい

そうやって個別に作った飲み会を増やしていって社内の人間関係が広がれば、「枠」飲み会の機会も減ってもっとアフター5の風通しがよくなると思う。

それが出来れば、「会社の飲み会」という概念ももう少しポジティブなものになる気がする。

攻撃こそ最大の防御

「枠」から逃げるのではなく、「枠」以上の“繋がり”を積極的に作る。

声をかけるのは最初は勇気が要るけど、でもやってると

上司
来週、課の飲み会やるけどお前も来るか?

と聞いてきた上司に対し、

オチョ
あ、さーせん、その日別の部署の方と約束あるんで、さーせん、ちっす!

と返したときの優越感がなかなかいいものだと気づくことができる。

「枠」でくくられた飲み会が嫌いな人は、ただ嫌いといって避けるのじゃなく、「人が好き」というアンテナを使ってこの人と飲んだら面白そう、という人に積極的に声をかけていくことをオススメしたい。

若いうちからそういう動きをしていれば、いざ自分が年配者という立場になったときでも、立場の比較的弱い若い人を巻き込むことなく、「枠」に頼らない自由なメンバーで飲みにいけると思うから。

余談

青年海外協力隊の訓練中、副班長という立場でありながら班飲みすっぽかしてシニアボランティアさんと飲みに来た、の図

青年海外協力隊も、そこそこ大きな固体なのに、ふつーに過ごしてたら「同期」とか「派遣国が一緒」とか「駒ヶ根or二本松」とか、そういう狭い「枠」に人間関係がとどまってしまってもったいないなー、と思う。

ブログをきっかけにツイッターを始めて、他国の協力隊、OB・OGの方々とツイッターで繋がったりブログを読んでコメントしたりするの、凄く楽しい。

もちろん、協力隊と関係ない人とのつながりやコメントも、とても楽しい。

「みんなもやればいいのになぁ」、と思う。

でも本当にみんながやったら結局「内輪感」がでちゃうから嫌だなぁ・・・というジレンマも正直あったり・・

そんなこんなで一期一会を大事にしたいと思う今日この頃!←まとめ雑?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA