ブログ文章「だである調」はしんどいから「ですます調」がいいよ




え~、さきに結論から申し上げますと・・・

ブログを「だである調」で書き続けるのはしんどいので素直に「ですます調」で書いたほうがいいですよ!

というお話です。

私は一度ブログを「だである調」で50記事以上書いたんですけど、しんどくなってそこからは「ですます調」で書くようになり、さらには過去に「だである調」で書いたブログを「ですます調」にリライトする、というなんとも非効率なブログの書き方をして多くの時間を無駄にしてしまいました。

そんな私が言うんだから間違いありません!

ブログの文章は「だである調」よりも「ですます調」で書きましょう。

「だである調」のデメリットを中心に解説します。

 

「だである調」のブログ文章はデメリットがたくさん

「だである調」のブログ文章はデメリットがたくさん

なぜに「だである調」のブログ文章がしんどいかというと、それは客観的に見てもデメリットがたくさんあるからに他なりません。

ただ言い回しが変わるだけだと思ったら大間違いです。

 

デメリット①「だである調」のブログはす少ない

まず最初のデメリットとしては、「だである調」のブログはその絶対数が圧倒的に少ないということです。

有名ブロガーといわれている人のブログ、普段参考にしている人のブログ、何気なく検索して上位に出てきたブログ、みーんな「ですます調」ではありませんか!?

なぜそうなのかはわかりませんが、ブログ初心者は大多数に乗っかった方が早いです。

それに「ですます調」の文章が圧倒的に多いということは、多くの人はインターネットで読む文章は「ですます調」の方が読み慣れている、ということです。

読み慣れている=読みやすい、です。

当然、読みやすい文章を書くほうが多くの人に伝えたいことを伝えられていいですよね!

 

デメリット②「だである調」の文章はとげとげしている

不必要にとがった文章になってしまう、というのも「だである調」でブログ文章を書く大きなデメリットです。

ブログって基本的には赤の他人が読むものですよね。

そんな会ったこともない赤の他人が読む文章なのですから、丁寧に越したことはないはずです。

また、なにか商品をすすめたりお店などを紹介したいときなんかも、「ですます調」の方がいいですよね。

  • コチラの商品がおすすめである。
  • ランチにはこのお店に来るべきだ。

ってなんか、堅苦しくてとげとげしていますよね。

とげとげした文章だと、いくらそれが有益な情報だったとしても、なんとなくそれに同意したくなくなってしまいます。

赤の他人が読むことを想定した情報発信なら「ですます調」が無難、ということです。

 

デメリット③「だである調」の文章ってやたらエモい

詩でも書いてるの?っていうくらいエモくなってしまうのも「だである調」で文章を書くデメリットです。

プロフィールなどで「エモい文章を書いて読者に共感を生む文章」という場合には「だである調」の文章が有効になるかもしれませんが、純粋に情報を発信したい場合にはその「エモさ」がノイズになります。

ノイズが多いと伝えたいことが素直に伝わらなくなってしまいますよね。

それにエモい文章って、書いているときは夢中になっていて気づかないけど、時間がたって読み返してみたらなんか恥ずかしい・・・

自分が読んで恥ずかしいのだから、人に見せるのも恥ずかしい・・・で、その「恥ずかしさ」がつらくなってブログが続かなくなってしまったら本末転倒です。

ですので変な「エモさ」はすてて、あとから自分で読んでも読みやすい文章で記事数も積み重ねていきましょう。

 

「だである調」の文章でブログに個性を出したい?

「だである調」の文章でブログに個性を出したい?

  • 大多数と同じように
  • やわらかく
  • エモさを排除して

 

というと、

 

ブログ書きたい
いや、それだとブログ自体に個性がなくなっちゃうんじゃないの?

 

と疑問を抱くかもしれません。

確かに、無個性のブログというのは読んでいても面白くないし、飽きてしまったら途中で離脱してしまう可能性もあります。

なのでブログに個性は大事です。

でも、ブログの個性を「だである調」の文章で出そうとするのは間違いです。

ブログで個性を出したいなら他のことで差をつけなければいけません。

例えば、体験です。

実際に手足を動かして体験したこと、ガジェットをある程度の期間使用してみてのレビュー、その場所を訪れて見た景色、などなど、体験を基にしたブログには自然と個性が出ます。

文章を変にとげとげさせる必要なんて一切ありません。

 

また、ビジュアルに個性を持たせたいのであればオリジナルのイラストを使うのが有効です。

私はグアテマラに関するブログ記事をよく書くので、

 

マリア
グアテマラ人女性のマリアさん

 

や、

 

カルロス
グアテマラの国鳥、ケツァールのカルロスくん

 

などといったイラストを使ってブログを書くようにしています。

これらのイラストはココナラというクラウドソーシングサービス、いわば「スキルのフリーマーケット」を使ってイラストレーターさんに依頼して作ってもらいました。

1つの依頼が500円~というお手ごろ価格でありながらプロ並みのスキルを持った人を掘り出すこともできるココナラのイラスト依頼体験談はコチラの記事に詳しくまとめています▼

関連記事

 

 

こうやって、「体験」や「イラスト」を用いて個性を出したブログには愛着もわいて、ブログを継続するモチベーションにもなるのでおすすめです!

「だである調」のブログはやめて、みんなと同じやり方でブログを書きつつ、別のことでブログに個性を出すようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

一部上場企業での海外営業、シンガポール駐在を経て、いろいろあって気がついたらグアテマラでボランティア。30にして「レールから外れる」を経験した男の働き方観、離婚経験を含む生活観、そしてボランティアとして生活したグアテマラの魅力、スペイン語学習方法を中心に発信します。