営業希望者が就職活動時、会社に入る前に確認すべきこと

営業希望者が就職活動時、会社に入る前に確認すべきこと

営業職希望で就職・転職活動をしている皆さんこんにちは!

私は一部上場企業のメーカーで海外営業含む営業キャリアを7年ほど積みました。

ところで、営業職を希望するきっかけってなんでしょう?

 

営業職の募集が多いからとりあえず営業

大学が文系だからとりあえず営業

前の会社でも営業をやっていたから次も営業

と、営業職を志望する理由って割とこんな風にざっくりしていて、営業といっても具体的になにをするのか仕事のイメージが作れないまま就職活動をしている人も少なくないのではないでしょうか。

 

でも営業の仕事って実は、会社によって仕事の範囲が全然違ったり、扱う製品によって営業の難易度やモチベーションが変わったりします。

ある種、入社する前とした後でギャップが一番大きい職種かもしれません。

入社してから後悔しないために、

「これだけは抑えておくべき」

という営業志望者が就職活動中に確認すべき事項について、自身の営業経験から解説します。

 

 

その会社の「営業」の仕事の範囲はどこからどこまで?

その会社の「営業」の仕事の範囲はどこからどこまで?

営業の仕事はどこまでか?

 

就活マン
え?営業なんだから商品を売るのが仕事じゃないの?

 

って思うかもしれませんが、実は会社によって1人の営業が担当する範囲ってばらばらです。

 

ある会社では、商品を受注するまでの狭い範囲を営業の仕事とし、受注後の納品業務は別の部署に引き継ぎます。

この場合、営業は新規顧客の開拓に特化できたり、とにかく足を動かして数を稼げるので、営業のプロとして専門的なスキルを身につけるのに適しているといえるでしょう。

 

一方で、受注してから商品をお客さんに納品するまでの広い範囲を営業の仕事としている会社もあります。

その場合、納品までに携わる多くの部署の人たちと営業が関わっていくのでその分幅広い知識や人脈が作れるたり、プロジェクト全体の予算管理も営業の重要なタスクになります。

幅広い業務に携われる一方、受注業務と納品業務を平行して進めなければならず、新規顧客の開拓に特化できないというデメリットもあります。

 

私がメーカーで経験したのは後者の、幅広い範囲を営業が見なければならないパターンの会社でした。

おかげで契約書の作成、商品の製造工程管理、輸送、予算管理などなど幅広い現場を直接経験することができた。

ただ一方で、当然ですが案件をたくさん抱えれば抱えるほど多忙になるし、評価に直接繋がらないような雑用的な業務(作業)も多くなります。

大変ではありましたが、若いうちにモノを売るというプロセスを川上から川下まで幅広く見ることができたのはよかったかもしれません。

 

おすすめは受注までの営業と受注後の納品業務を別の担当者が担うような会社です。そういった会社で色んな部署を経験したほうがもっと効率よく幅広い知見を得られると思うからです。

いずれにしても「営業」が含む仕事の範囲は会社によってまちまちなので、事前にしっかり確認しておいたほうがよいです。

 

 

その会社に他社と比較して優位且つ独自の技術があるか?

その会社に他社と比較して優位且つ独自の技術があるか?

営業をするなら競合他社より優位且つ独自の技術で勝負している会社を選びましょう。

企業の規模やネーミングといったものよりも、技術こそが最も重要な要素です

 

競合他社と似たり寄ったりなスペック、サービス、価格しかもって会社の営業というのは、相見積もりを出して、あとは値下げ合戦をバチバチやって、最終的に一番値下げできた会社が受注する、といったほとんどルーティーンのような活動しかできません。

最近は各社ともコンプライアンスに厳しくなってきていて、各社の資材部も相見積もりをとることが義務化されてきているので、いままでのように、

「顧客との良好な人間関係・信頼関係」

といったふわっとした抽象的なもので営業が成功するようなこともほとんどありません。

 

就職活動をしながら、

御社の競合他社と比較した強みはなんですか?

という質問をしてみて、

 

人事です
当社の強みは営業力と、顧客との間に長年築いてきた信頼関係です

 

などと技術的なこと、専門的なことを全然知らない人事担当者がこんなふわっとした回答をしたら要注意と思ったほうがいいでしょう。

具体的にどんな技術がどんな分野でどんな優位性・独自性をもっているのか、事前にしっかりと抑えておきましょう。

 

 

会社の製品やサービスを好きになれるか?

会社の製品やサービスを好きになれるか?

この製品・サービスが好きだ!

これでお客さんの悩みを解決できる!

自分がお客さんの立場だったら自社の製品・サービスを買いたい!

私はあまり自分を偽るのが得意ではないので、このような素直に出てくる熱意が営業のモチベーションに大きく影響します。

 

例えばコンピュータや電気機械製品を営業として扱う場合、

 

営業です
私は文系だから技術的なことはよくわからないんですよね~・・・

 

なんて言い訳はお客の前では通用しません。

最前線に立つ以上、お客とのコミュニケーションをとるにあたって最低限の製品・サービスに関する技術的な知識は必要です。

 

文学部出身だろうが外国語学部出身だろうが、最初は自ら積極的に勉強して商品に関する技術的な知識を学ばなければなりません。

そんなとき、その技術に興味が持てるか?知り尽くしたくなるほどその製品・サービスが好きになれるか?は重要なポイントです。

もちろん、入社する前からそんなに詳しくなることはできませんが、せめて興味を持てるかどうかくらいはその会社のカタログをチェックするなどしてイメージしておきましょう。

 

 

国内だけでなく海外営業の道はあるのか?

国内だけでなく海外営業の道はあるのか?

外国語学部出身だったり、海外留学の経験があったりすると、将来的には海外営業のキャリアを積みたいと思って就職活動をしている人も少なくないでしょう。

でもだいたいどの会社も、

 

うちは海外事業に力をいれています!

 

将来的には海外駐在というキャリアもあります!

 

と、説明会の場ではいいます。

ただし、入社してから本当にそんな海外キャリアに進めるかどうかはわかりません

 

私が働いていた会社にも、

 

・中国語がペラペラなのに日本国内の営業

・英語+第二外国語のトリリンガルなのに日本で人事

・スペイン語を話せるのにそもそもスペイン語圏に駐在事務所がない

 

なんて感じで、その実力を持て余している人がたくさんいました。

 

どうしてこのような人材のミスマッチングが起きてしまうのか?

 

私が思うに、「海外事業が大事だ」と頭ではわかっているので若い海外人材を採用するものの、実際には海外の市場に人を投入できるほど海外案件を持っていない、そこまでの実力がない会社が存在するのでしょう。

会社案内には海外プロジェクトの写真が多用してあっても、それをあまり鵜呑みにせず、その会社の総売上げ額のうち、海外の比率はどの程度かなのか、数値で見るほうがより確実です。

そうすれば日本国内の公共事業に依存している会社かどうか、一発でわかります。

 

人事です
海外営業をするのは国内で仕事を覚えてからだよ!

 

なんていうのは海外市場に弱い会社が若者を引き止めるためにする苦し紛れの言い訳かもしれません。

 

 

営業希望者が就職活動時に確認すべきこと

営業希望者が就職活動時に確認すべきこと

以上、営業職を希望して就職活動をしている人が会社に入る前に確認すべきこと、でした。

営業希望ってどうしても会社の規模とかネームバリューで志望先を決めてしまいがちだけど、それよりももっと大事なことがたくさんあります。

ふわっとした動機でふわっと会社を決めてふわっと入社すると、まったく自分の希望していたものとは違う世界が待っているかもしれません。

パンフレットやホームページを眺めていても会社は「いい部分」しか広報に載せないので、実際に就職活動でその会社の人と対面する機会を設けて、質問しながら本質をしっかり見極めましょう。

 

あわせて読みたい

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

一部上場企業での海外営業、シンガポール駐在を経て、その後とある出来事をきっかけ気がついたらグアテマラでボランティアやってます。グアテマラの魅力、スペイン語学習方法を中心に発信中!