青年海外協力隊のシニア海外ボランティアは猛者ぞろいだった




青年海外協力隊の派遣前訓練には、前半と後半とで大きな違いがあります。

 

それは、シニア海外ボランティア(以後:SV)さんが一緒にいるかどうか、です。

 

シニア海外ボランティア
日本国政府が行う政府開発援助(ODA:Official Development Assistance) の一環として、外務省所管の独立行政法人国際協力機構(JICA) が実施する海外ボランティア派遣制度である。シニア海外ボランティアの募集年齢は4069歳。

Wikipediaより

 

SVさんの場合、通常の青年海外協力隊候補生の半分の期間で訓練を終えてしまうので、一緒に生活できる期間はごくわずか。

そんな短い期間にしたSVさん達との交流は、それはそれは有意義なものでした。

 

 

シニア海外ボランティア(SVさん)と交流すべき理由

シニア海外ボランティア(SVさん)と交流すべき理由

まず、シニア海外ボランティアと青年海外協力隊は全くの似て非なるもの、ということをご理解ください。

SVさんたちとは、分かりやすく言ってしまえば青年海外協力隊のシニア版なのですが、その違いは年齢だけではありません。

募集枠が全くの別物なので、応募できる要請はどれもエキスパートとして一流の職業スキルと長いキャリアが要求されているものばかりです。

また、40を超えてもあたらしい外国語を学んで発展途上国の第一線に派遣されることを自ら進んで望むようなバイタリティに溢れた人たちばかり。

 

まさに、猛者の集まりです。

 

もしあなたが、同じ価値観、同じ年齢の人たちとワイワイするだけではもの足りない人であれば、そんな猛者たちと過ごす1ヶ月間は青年海外協力隊にならないと持ち得ない絶好の機会です。

 

 

私が出会ったすごいシニア海外ボランティアさん

私が出会ったすごいシニア海外ボランティアさん

たとえば、以前から気になっていたロマンスグレーのステキな紳士Aさん。

Aさんは数々の外資系企業を渡り歩いてきた企業経営のエキスパートです。

そんなAさんとたまたま浴場で一緒にったときに、これはまたとない機会だと思い、お声をかけました。

 

オチョ
こんばんは、今日も寒いですね~、スペイン語の調子どうですか?

 

すると、とても気さくに

 

Aさん
いやースペイン語はまるっきしダメだね~、わははは

 

なんて気さくに返してくれました。

 

Aさんにこれまでの経歴、青年海外協力隊になった理由などを聞いてもらうと、

 

Aさん
30歳か~新しいことやるにはちょうどいい年齢だよね、僕もちょうどそのころに最初の転職したなあ

 

オチョ
へー、そうなんですね!ちなみにこれまで何回くらい転職されたんですか?

 

Aさん
う~ん、まぁかれこれ10社くらいかな~、まぁほとんど外資だけどね~

 

と、こんな感じで、普通にサラリーマン生活をしていたら一生聞くことのないようなエピソードが、SVさんとでは風呂場での名逃げない会話のなかにさらっと出てきちゃいます。

まだまだ終身雇用が当たり前の時代に外資系を10社も転職している人のお話が面白くないわけがありませんよね。(しかもどこも誰もが聞いたことあるような超有名企業ばかり)

 

というわけでそんなAさんと一緒にお酒を飲みにいくことに。

お話を聞いてみると、やっぱり面白い。

仕事の関係でアメリカ暮らしが長かったAさんは以外にも、ご両親やご兄弟はほとんど海外に行ったことすらないんだそうな。

そんなAさんが海外を飛び回るようになった、その原体験とは何なのだろうか?

 

Aさん
若い頃にバックパックで2年間かけて世界を放浪してね、その時の情熱が今でも僕の原点だね

 

なんと、こんなところでまさか50年前の世界放浪記の話が聞けるなんて!!

当時インターネットもない、携帯電話もない、飛行機も今と比べてとても高価、そんな環境での2年間の世界放浪の話はまさにリアル深夜特急そのものです。

 

Aさん
貨物船の船長と仲良くなってね~、乗せてってもらう約束したんだけどバックレられちゃってね~、資金もそこをついちゃって、あれは大変だったな~

 

いや、大変のレベルが違い過ぎる・・・

 

Aさん
本当はもうちょっと放浪していたかったんだけど、最終的には親父に“これ以上行ったら勘当だ”って言われて仕方なくやめたよ~~

 

か、勘当って、ドラマのなかのセリフでしか聞いたことない・・・

 

Aさん
当時の恋人とは2年間放浪中もずっと文通しててね、僕のこと日本で待ってくれてたんだよ、いや~辛抱強いよね~、まあそれが今の奥さんなんだけどね

 

す・・・ステキすぎる・・・

 

何かもう、信じられないようなエピソードをさも普通のことかのように淡々とお話されるけど、こっちはもう驚きの連続です。

そんなAさんのお話や人柄に地元の常連さんたちも興味津々で、カウンターで一緒になって盛り上がりました。

 

 

スポンサードサーチ

シニア海外ボランティアさんとの出会いは青年海外協力隊の特典

シニア海外ボランティアさんとの出会いは青年海外協力隊の特典

シニア海外ボランティアさんとの出会いは、いわば青年海外協力隊になった人だけが得られる特典です。

その他にも、様々なSVさんたちと交流させていただきました。

 

卓球のエキスパートBさんとは体育館で一緒に卓球をして汗を流した仲です。

へたくそな私に一生懸命のご指導をしていただき、そしてついに私は必殺のバックハンドを習得したとかしなかったとか。

 

金融エキスパートのCさんとは、なんとバツイチ仲間で、その話題で盛り上がり、そして色々とご指導いただきました。

離婚された後も今の奥さんと出会い、再婚したCさんは照れくさそうに奥さんへの愛情をお話されていて、自分もいつかこうなりたいなぁ、なんて思ったものです。

 

シニア海外ボランティアのみなさんはそんな魅力的な歴史を持った人生の先輩たち

お話をたくさん聞けて、色々アドバイスしていただけるのは何とも有難く貴重なことです。

そして重ねて言うが、そんな貴重な機会を持てるのは訓練前半のおよそ1ヶ月間だけです。

同期で同じ派遣国にSVさんがいる、ということもありますが、SVさん自体の数が少数なので、よほどラッキーじゃないとなかなかありません。

青年海外協力隊のみなさんは是非この絶好の機会をお見逃しなく!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

一部上場企業での海外営業、シンガポール駐在を経て、いろいろあって気がついたらグアテマラでボランティア。30にして「レールから外れる」を経験した男の働き方観、離婚経験を含む生活観、そしてボランティアとして生活したグアテマラの魅力、スペイン語学習方法を中心に発信します。