旅行のお土産にオススメ!グアテマラ産の高級品 カンテルタオル工場を見学してきた

旅行者と在住者には圧倒的な情報格差があります

私が旅行でグアテマラを訪れていたら、お土産に買うものといったらコーヒーと、あとはカラフルでかわいい小物くらいだったでしょう。

ところが、青年海外協力隊としてグアテマラ住んでみると、見える景色がいろいろと違ってきます。

2年間過ごしたボランティアが帰国前に必ず買いたいお土産っていうのがあって、それらはほとんど、旅行者としてグアテマラに来ていたらその存在すら認知することなく帰国していただろうなぁと思うものばかり。

そんな情報を発信していきたいなぁと思っているオチョ(@diadecanicula)だけど、今回この記事でご紹介するカンテルタオルもその一つ。

カンテルタオル?なにそれ?と思う人が多いかもしれませんが、グアテマラで活動する青年海外協力隊の中では帰国前にお土産としてマスト・バイ・アイテムの一つとして有名です。

その名の通りタオルなのですが、そんじょそこらのタオルとは一味違うかわいいデザインと高い品質、そしてグアテマラでは珍しい、最先端の技術を投入した工場。

そんなカンテルタオルの工場見学もしてきたので、工場見学レポートとあわせてカンテルタオルの魅力を紹介していきたいと思います。

 

 

そもそもカンテルタオルってなに?場所は?お店は?基本情報

そもそもカンテルタオルって何?ってはなしですよね。はじめてこの名を聞く人が多いかと思います。私も、グアテマラにきて初めて知りました。

カンテルタオルとは、ズバリ、一言で言うと・・・

 

カンテルで作ったタオルです!

 

はい、そのまんま。

 

カンテルというのはグアテマラのケツァルテナンゴ県にある一つの市の名前です。

 

 

ちょうど、ケツァルテナンゴ県の中心地(シェラ)と温泉で有名なスニルとの間くらいに位置します。

外国人が観光で訪れるような場所ではありませんが、現地の人は「カンテル」と聞けば「タオルの工場がある場所」として有名です。

 

そして、市の名前であるだけでなく、このタオルを作っている会社の名前もまた、「カンテル」といいます。

 

「カンテル」は創業100年以上の歴史を持つグアテマラの由緒正しき老舗企業なのです

 

1874年に繊維工場としてスタートして以来、高品質な商品を作り続けている、その長い歴史だけでも高い信頼を感じます。

ちなみに、世界遺産にも登録された群馬県の富岡製糸場の開業が1872年といわれているのでほぼ同級生ですねw

詳しく知りたいという方はホームページがありますのでこちらをご覧ください。(ただし、スペイン語しかありません)

 

カンテルホームページ

 

 

旅行者の目を引く、グアテマラ伝統衣装のデザインをあしらったカンテルタオル

さて、テーブルクロスやベビー服など、様々な商品を取り扱っている「カンテル」ですが、中でも旅行者の目を一番引くのはタオルでしょう。

 

グアテマラの伝統衣装のカラフルなデザインと高級タオルの融合

 

グアテマラにはウイピルといわれる、マヤ系先住民の女性が着る伝統衣装があります。

ウイピルはカラフルで鮮やかな色使いと、地域によって固有の柄・デザインがあるのが特徴です。

 

以前、グアテマラの伝統衣装についてまとめた記事がこちら▼

マヤ民族衣装博物館でグアテマラ伝統の民族衣装(ウイピル、コルテ、他)を学んだ

2017.10.19

 

そんな伝統衣装ウイピルのデザインをあしらった高級タオル、グアテマラでしか手に入らない思い出の品物、お土産に最適です

 

サンプルとして私が持っているタオルを紹介します。

 

ケツァルテナンゴ(シェラ)柄

黄色と紫を基調にした鮮やかな色が特徴のケツァルテナンゴ伝統柄のデザインです。

実際にケツァルテナンゴに行くとこのような柄のウイピルを着たセニョーラたちをたくさん見かけます。

 

チチカステナンゴ柄

グアテマラ最大のメルカド(市場)で有名なチチカステナンゴの伝統柄デザインです。

たくさんの色を使ったラインが引いてあるのが特徴。

 

ナウアラ柄

かわいい動物柄をあしらったナウアラの伝統柄デザイン。

裏は紺色と赤色が反転するのも特徴。

個人的に一番好きなデザインです。

 

いかがでしょう?

他にも3種類、いずれも魅力的でステキなデザインで、実物を目の前にするとどれにしようか迷ってしまうの必須です。

 

 

高品質が自慢のグアテマラ産高級タオル、工場見学レポート

目を引くのはその独特で色鮮やかなデザインだけではありません。

厚地でしっかりしているのに表面の肌触りはとても柔らかい、そんな高品質を売りにしています。

でも、途上国であるグアテマラにそんな高品質な製品を作る工場があるなんて、ちょっと想像できませんよね?

そんな疑問を払拭すべく、

 

 

実際にカンテルにある工場を見学してきました!

 

オチョ
こんにちはー、きょうはよろしくお願いします!

 

工場のヒト
こんにちはー、カンテル工場へようこそ~

 

オチョ
あのー、工場で写真とってもいいですか?

 

工場のヒト
いや、だめにきまってんじゃん、当然

 

工場の中は撮影禁止!

 

まぁ、当たり前ですよね、しっかり管理されています!

それだけではなく、通路にしっかりと線を引いていたり、道具がしっかり管理されていたり、安全第一を啓発する張り紙があちらこちらに貼ってあったりと、まるで日本の工場を髣髴とさせるしっかりとした管理体制でした。

 

最初に見せてもらったのは綿から糸を紡いでいく工程

 

これが↓↓↓

 

こうなって↓↓↓

 

最後こうなります!

 

なんと、原材料から製品に至るまでの全工程をこの工場で管理されています。

 

オチョ
この綿はどこから来るんですか?

 

工場のヒト
これはね~、メキシコから高品質な綿を輸入しているんだよ~

 

オチョ
へ~、わざわざ輸入しているなんて、原材料からこだわっているんだなぁ

 

綿から糸を紡いでいく工程は全て機械化されており、全自動でどんどん作られていきます。

出来上がった糸はそれぞれ、サイズや色によって分けて保管され、次の工程に移っていきます。

その際、糸を巻く芯がサイズによって色分けされているなど、細かいところまで管理の工夫が行き届いているのが見てとれました。

 

工場のヒト
はい、ここからはこれをつけてね~

 

オチョ
ん?・・・これは・・・耳栓・・・

 

がしゃーーーん!がしゃーーーん!がしゃーーーん!

 

扉を開けると中からけたたましい音が・・・

そこは機織機ゾーン

先ほど紡がれた糸が、今度は布へと変身していきます。

その工程も全て機械によって進められていて、まるでプリンターから印刷された紙が出てくるように、糸が入っていった機械から生地が出てきます。

 

あれ、でもよく見ると稼動していない機械もちらほら・・・

 

オチョ
ここの機械は故障でもしているんですか??

 

工場のヒト
いや、ここの機械は今メンテナンス期間だから稼動を止めているんだよ、定期的にローテーションで設備メンテナンスしているのさ

 

なるほど~~~感心!しっかり管理していらっしゃる!

 

そして最後の工程では、人の目で品質がチェックされ、細かな刺繍などはミシンを使って人の手で仕上げられます。

そして出来上がった製品は一時的に出荷場所に保管され、それぞれ消費者の手に届けられます。

 

オチョ
1ヶ月あたり、大体どのくらいの製品が出荷されていくのですか?

 

工場のヒト
まぁシーズンにもよりますが、おおよそ15,000個/月くらいのペースで出荷されるよ

 

オチョ
海外に輸出したりもしているんですか?

 

工場のヒト
もちろん、海外にも輸出しているよ!アメリカとか、イギリスとか。あの有名なヒ〇〇〇ホテルにも輸出しているからね

 

オチョ
えええーーー!!あの有名ホテルもここで作っられたタオルが使われているんですか!?す、すごい!

 

 

グアテマラ旅行のお土産にカンテルタオルがオススメな理由まとめ

デザインよし!品質よし!海外の高級ホテルもその品質を認めているカンテルタオル!グアテマラ旅行のお土産におひとついかがでしょうか?

私は工場見学をして、製造の現場を見ることで、余計にこのタオルが欲しくなりました。

途上国にある工場って、機織機やミシンを並べてそこにたくさんの人が手で作業しているような光景をイメージしていましたが、中身は機械を使って(しかもそれらの機械はどれもアメリカやヨーロッパから輸入されたもの)、ちゃんとした設備と管理の下で作られているんだなぁ、と、勉強になりました。

お土産で欲しいという場合は、アンティグアにあるカンテル直営販売店がオススメです。

 

 

他にもシェラやコバンなどといった都市にも販売店がありますが、ほぼ全ての旅行者が訪れるグアテマラの古都、アンティグアで買っておくのが1番確実だと思います。

 

以上、グアテマラ旅行のお土産に最適な高級タオル、カンテルタオルのご紹介でした

 

 

その他オススメ記事

グアテマラ旅行、お土産選びの前に自身のナワルをチェックしておきましょう!▼

グアテマラ版動物占い!?マヤ文明先住民の伝統文字を使ったナワル(Nawal)を紹介

2017.09.29

アンティグアが観光客で溢れかえるイベント、セマナ・サンタの歩き方▼

グアテマラの古都アンティグアで世界が注目する壮大なイースター(セマナサンタ)をご紹介

2017.07.16

カンテルタオルを持ってグアテマラの温泉にGOしたい方はこちらのまとめ情報をご参考ください▼

旅の疲れを癒すグアテマラの温泉情報まとめ in ケツァルテナンゴ県(シェラ、アルモロンガ、スニル)

2018.02.12

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA