マヤ民族衣装博物館でグアテマラ伝統の民族衣装(ウイピル、コルテ、他)を学んだ

最近、普段着がグアテマラ人以上にグアテマラ化してきているオチョ(@diadecanicula)だけど、グアテマラの民族衣装って、みなさんご存知ですか。

実際、私の住む地域ではこのような日本では見慣れない格好をしたインディヘナ(ラテンアメリカ先住民)の人々をたくさん見かけます。

ホームステイ先の家族も、このような格好をしています。

色鮮やかでとてもキレイですよね~

私もグアテマラに来た当初こそ、この鮮やかな民族衣装に驚きと感動を覚えました・・・

がしかし、飽き性な私は何ヶ月もグアテマラで生活しているうちにこの光景に慣れてしまって、それほど珍しいとも思わなくなってしまいました・・・

でも、ふと思ったのです・・・

 

グアテマラにいる私の日常は日本にいるみなさんにとって非日ではないか!

 

ってことで今回、重い腰をあげ、博物館にいってグアテマラの民族衣装についてみっちり詳しく聞いてこようと思ったのです。

 

 

グアテマラの伝統を学ぶためマヤ民族衣装博物館へ

と、いうわけで先日、グアテマラの民族衣装について学ぶために博物館を訪れました。

今回訪れたのはグアテマラ第二の都市、ケツァルテナンゴ県にあるMuseo IXKIK’ del Traje Maya(マヤ民族衣装博物館)です。

とはいえ、一人で展示物を眺めていてもちんぷんかんぷんなので、博物館の職員、ラケルさんに案内をお願いしました。

 

オチョ
こんにちは、今日はグアテマラの民族衣装について勉強したいと思って来ました。よろしくおねがいします!

 

ラケルさん
ようこそグアテマラへ。こちらこそよろしくお願いします。

 

オチョ
さっそくですが、ここマヤ民族衣装博物館はどんなところなんですか?

 

ラケルさん
この博物館は民族衣装にまつわるマヤ文明の伝統を保護し、後世に伝えるために設立されました。5000年以上にものぼるマヤ文明の歴史のなかで、民族衣装のデザイン、色使い、模様には様々な意味合いや物語が反映されているのですよ。

 

オチョ
なるほど、グアテマラの民族衣装はただきらびやかでかわいいというだけでなく、マヤ文明の歴史を映す鏡のようなもの、といっても過言ではないのですね!

 

ラケルさん
あら、うまいこというね~

 

オチョ
てへぺろ

 

 

グアテマラの民族衣装① ウイピル (huipil)

オチョ
まず、目を引くのは何といっても上半身に着るウイピル。色鮮やかでキレイですね。

 

ラケルさん
そうね、500年前、スペイン軍がラテンアメリカを侵略したときの資料にも、ウイピルの美しさを記したものがあるくらいなのよ。

 

オチョ
ウイピルの特徴で面白いな~、と思うのは、地域によって模様や色使いが全然違うんですね。

 

ラケルさん
ウイピルは地域ごとに独特のデザインが発展したのよ。例えば川の近くにあった地域には川の流れをあらわした模様だったり、野菜を多く栽培していた地域にはその野菜を染料にした色鮮やかなデザインだったり、あと、マヤ文明の人々は天体観測に優れていたので、宇宙や太陽、月、星といったものを表現したデザインもあるの。

 

オチョ
へ~、奥が深いな~~~

 

ラケルさん
着ているウイピルの柄によって独身の女性か既婚の女性かを見分けられるようなものもあるのよ!

 

オチョ
ほうほう、それはありがたいっすね!

 

ラケルさん
ありがたい?なにが??

 

オチョ
ああ、いや、なんでもないです。

 

 

グアテマラの民族衣装② コルテ (Corte)

オチョ
ウイピルと一緒に着るこの巻きスカートは何というんですか?

 

ラケルさん
この巻きスカートはコルテというのよ

 

オチョ
コルテもウイピルと同様、カラフルな色使いでキレイですね~

 

ラケルさん
このコルテも無地のもの、帯状の模様があるもの、方眼模様のもの等など、地域によって色使いに特徴があります。
それに、

ウイピル=昼、 コルテ=夜

のようにウイピルとの組み合わせで意味を表すような地域もあるのよ。

 

オチョ
へ~、面白いな~。あ、そういえば、男性でコルテを履いているのも見たことがあるんですけど。

 

ラケルさん
あー、それはナワラという地域の男性が着る民族衣装ね

写真引用

オチョ
男性のコルテにはどんな意味があるんですか?

 

ラケルさん
あれは、戦士達の着るものなのよ。スカートの方が股を大きく開けるでしょ。だから出来るだけ遠くに槍が届くようにコルテを履くの。

 

オチョ
へ~、なんかスコットランドの民族衣装みたい。

 

 

グアテマラの民族衣装③ ファハ (Faja)

オチョ
でもアレですね、この巻きスカートだけだと、なんだかずり落ちちゃいそうで心もとないというか・・・

 

ラケルさん
そんなときに使うのがファハ。コレを腰に巻いてベルトの役割を果たすの。

 

オチョ
へ~、ちょっと浴衣の帯みたい。こちらも色鮮やかなものが多いですね。

 

ラケルさん
ウイピルとコルテにどんな柄のファハを合わせるか、オシャレの勝負どころねフフフ。

 

オチョ
は、はぁ・・・そういうモノなんですね・・・

 

 

グアテマラの民族衣装④ デランタル (delantal)

オチョ
そういえば、ホストマザーがつけているコレ、これも民族衣装ですか?

 

ラケルさん
これもデランタルといって、立派な民族衣装の一部よ。まあ、役割としてはエプロンと一緒ね。

 

オチョ
うん、料理のときよくこれで手を拭いたりしてるからイメージしやすい。

 

ラケルさん
料理に限らず、コルテが汚れないように日常的にコレをつけるのよ。。

 

 

グアテマラの民族衣装⑤ ペラヘ (Perraje)

オチョ
この、肩にかかっている布はいったい?

 

ラケルさん
これはペラヘといって、寒いときに身体に巻いたり、雨が降ったらカッパ代わりにしたり、日差しが強いときに日よけに使ったりと、万能な布ね。

 

オチョ
日本で言うところの風呂敷みたいなものかな?

 

ラケルさん
荷物を包むのにも使えるし、赤ちゃんをおぶるのにも使えるのよ。

オチョ
あーーー、確かに、赤ちゃんがこの布にくるまれておぶられているのはよく見る!まさに万能布!

 

ラケルさん
ちなみに、このペラヘを左肩にかけている女性は独身、右肩にかけている女性は既婚者、と見分けられるのよ。

 

オチョ
おお!これまたわかりやすい!!

 

ラケルさん
いや、さっきからなに?分かりやすいって??

 

オチョ
ああ、いや、別に、お気になさらず!でもなんで独身は左肩なんです?

 

ラケルさん
フフ、だって心臓があるのは左胸でしょ?繊細な女心を悪い狼達から隠すために独身女性は左肩にペラヘをかけるのよ、フフフ

 

オチョ
理由が乙女チック~~~^ ^

 

 

グアテマラの民族衣装⑥ シンタ (Cinta)

オチョ
さいごに、頭にかぶっているこれ、これは帽子ですよね!

 

ラケルさん
ブッブーこれはシンタというのよ。かぶっているんじゃなくて、細い布を頭にぐるぐる巻いてるの。

 

オチョ
あ、よくみたら確かに

 

ラケルさん
それに帽子と違って日よけが目的なんじゃなく、階級の高い人や結婚式のときに身に付ける特別な行事に用いる正装なの。

 

オチョ
地域によってはもっとカジュアルに、かわいい髪飾りとしてつけているところもありますよね

ラケルさん
シンタはスペイン語でリボンの意味だから。

 

オチョ
昔からリボンをつけていたマヤの先住民ってかわいらしいな。

 

 

グアテマラの民族衣装はマヤ文明の物語が詰まっていた

色鮮やかなグアテマラの民族衣装、いろいろ調べてみたらマヤ文明の長い歴史のなかで培われてきた物語や教えがたくさん詰まっていました。

今回、博物館のお姉さんにいろいろと聞けたおかげでたくさんの物語を聞くことが出来たのは大きな収穫!(スペイン語話せてよかった~)

因みに、男性用の民族衣装は一部の地域を除いてほとんど使われておらず、トトニカパンでもほとんど見ないので今回は割愛しました。(気が向いたら新たな記事にするかも)

 

 

その他オススメ記事

生年月日を使ったグアテマラの占いといえば、ナワルをご紹介▼

グアテマラ版動物占い!?マヤ文明先住民の伝統文字を使ったナワル(Nawal)を紹介

2017.09.29

グアテマラの床屋事情について実体験をまとめた記事がコチラ▼

グアテマラの床屋で「ジャスティンビーバーにしてください」と頼んだらこうなった(動画あり)

2017.08.31

グアテマラの生活に慣れきってしまう前に書いたグアテマラの不満10選▼

嫌いじゃないけど・・・グアテマラに染まってしまう前に不満をまとめてみた

2017.08.26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA