青年海外協力隊現職参加の魅力をブルゾンちえみ風に教えます

青年海外協力隊現職参加の魅力をブルゾンちえみ風に教えます




青年海外協力隊に現職参加制度を利用して有給でボランティア

 

いやぁ、かなりおいしかったです!

 

現職参加制度ってなに?という人はこちら▼

関連記事

 

え?現職参加制度についてはわかったけどその魅力がいまいち理解できない?

 

では、そんな人の為に現職参加の魅力ををもっとユーモアを取り入れて教えてあげましょう

 

そこでこの記事では、私が青年海外協力隊駒ヶ根訓練所にいた70日の間に、彗星のごとく現れた芸人さん、

 

ブルゾンちえみ

 

彼女のネタ風にいってみます。

 

まずはコチラの動画をご参考に▼

 

ブルゾンちえみのネタの歌詞を変えて青年海外協力隊 現職参加の魅力を表現してみよう!

 

オチョ
だれか手伝ってくれないかな~

 

マリア
よんだかい?

 

オチョ
あ、マリアさん!ちょうどいいところに来た!ちょっとブルゾンちえみやってよ!

 

マリア
え、ちょ、そんな、急にいわれ・・・できるかしら・・・

 

さて、どうなるかな?

 

 

青年海外協力隊 現職参加の魅力(ブルゾンちえみver)

青年海外協力隊 現職参加の魅力(ブルゾンちえみver)

マリア
お給料、ありがとう、ボーナス、ありがとう、みんな、振り込んでくれてありがとう!

 

マリア
あーーー、現職参加でよかった!!!

 

ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン

 

ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン タッ

 

マリア
どうも!発展途上国への貢献、子供達の笑顔、青年海外協力隊です!

 

マリア
夢をあきらめて安定の道を選んだサラリーマンのみんな!

 

マリア
会社辞めないと、海外でボランティアできない、て思ってない?

 

マリア
アハっ、じゃあ質問です!ライオンは、子供を捨てて狩りに出ますか?

 

 

マリア
・・・捨てない!待たせるの!!

 

 

マリア
調べてごらん、素晴らしい活動があなたを待ってるから!

 

エイノーナイル ファイ ワーゴーイン サンダートゥサンラーイ

 

マリア
現職・・・

 

ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン

 

マリア
参加・・・

 

 

ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン タッ

 

 

マリア
タカシちゃーん、応募応募!

 

マリア
え、将来のことが不安で、応募できない?

 

マリア
フッ、ダメリーマン!いい?

 

マリア
将来のことが不安?じゃあ、質問です!

 

マリア
タカシちゃんは、立ち行かなくなった会社に、いつまでもいつまでもしがみつきますか?

 

 

 

マリア
・・・自分の足で、歩きたくない?

 

マリア
終身雇用なんて幻想!制度があるんだから利用して貰えるもの貰っといたらいい、だってJICAの予算いくらあると思ってんの!

 

エイノーナイルファイ ワーゴーイン サンダートゥサンラーイ

 

マリア
1500億(2017年度)・・・

 

ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン

 

マリア
あと7億ちょい(2017年度)・・・

 

ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン ドゥンドゥン ドゥドゥッ ドゥーン タッ

 

ナーナナ ナーナナ ナナナナ ナーナナ ナーナナ ナナナナ

 

マリア
1500億

 

ナーナナ ナーナナ ナナナナ ナーナナ ナーナナ ナナナナ

 

マリア
1500億

 

ナーナナ ナーナナ ナナナナ ナーナナ ナーナナ ナナナナ

 

ナーナナ ナーナナ ナナナナ ナーナナ ナーナナ ナナナナ ダリワー

 

マリア
せん・・・ごひゃくおく・・・

 

オチョ
マリアさん・・・完璧すぎる・・・

 

 

大事なのは現職参加という選択肢があること

大事なのは現職参加という選択肢があること

ボランティアは清貧であるべき?税金の無駄遣い?

私はそうだとは思いません。

“お金を稼ぐこと”、と、“国際協力ボランティア”、とを切り離して、あるいは対立させて、さも選択肢はどちらか一つしか無いかのように考える必要はまったくないし、めちゃくちゃ古いです。

残念ながらJICAの予算も年々厳しくなってきていて、この制度の一部で、『給料もらいながらボランティア』するための人件費補てん制度は廃止となってしまいました。

 

でも、お金を稼ぐこととボランティアすることって切り離せるわけではありません。

現地には「ビジネスをしたい!」「生活を豊かにしたい!」という強い意欲を持つ発展途上国の若者に接する機会がたくさんあります。

そんな彼らのキラキラした目を見ながら、

いや、お金より大事なものがこの世にはあるんだぜ!

なんて大それたこと、まあ言えません。

 

人件費補てん制度が廃止されたことによって現職参加制度を利用して青年海外協力隊に参加するビジネスマン・ウーマンが今後どんどん減っていくことでしょう。

 

だったらせめて、ボランティアの副業を解禁しないと、語学力とビジネスセンスを併せ持った優秀な若者を確保することが益々難しくらります。

そもそもボランティア制度自体、存続が危ぶまれているのかな?

今後の動向に注目ですね!

 

あわせて読みたい
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

    • bandungさん
      コメントありがとうございます。
      これからも「面白い」といってもらえるような記事を書いていきたいと思います。
      是非、お時間あるときに見にきてください。
      オチョ

  • オチョ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    一部上場企業での海外営業、シンガポール駐在を経て、いろいろあって気がついたらグアテマラでボランティア。30にして「レールから外れる」を経験した男の働き方観、離婚経験を含む生活観、そしてボランティアとして生活したグアテマラの魅力、スペイン語学習方法を中心に発信します。