[読書感想・レビュー] 片桐はいりさんの著書「グアテマラの弟」は心揺さぶられる家族のお話

3人兄弟の真ん中に位置するオチョ(@diadecanicula)だけど、テレビや映画、舞台等で活躍する有名な女優、片桐はいりさんの書いた「グアテマラの弟」という本を読んだので、その感想を記事に書こうと思います。

 

 

正直言って、私はこの本に裏切られました!

 

 

この本の内容を要約すると、グアテマラで現地の人と結婚して永住している弟さんと、姉である片桐はいりさんとの交流、特にグアテマラの弟さんを実際に片桐はいりさんが訪問してその家族と交流する様子を中心に書かれたエッセイです。

最初は、自分が青年海外協力隊として生活している「グアテマラ」という共通のキーワードがあるので読んでみるか、と軽い気持ちで購入しました。

読んでみると、在住者も納得のグアテマラあるあるがたくさん出てきて、それがテレビで見た片桐はいりさんの独特な口調で語られて、最初はクスクス笑いながら読み進められる旅行エッセイ的な感覚で読んでいました。

 

 

でも気がついたら、私は涙を流していました!

 

 

この裏切りをどのように表現したらよいのか、試行錯誤しながら書いた読書感想がコチラです▼

 

 

「グアテマラの弟」は在住者も納得のグアテマラあるある宝庫

この本を読んでいると、「うわー、わるこれーーー!」「あーーー、俺もあったこんなことーーー!」といった在住者も納得のグアテマラあるあるに溢れていることに気づきます。

それも当然、現地の人と結婚してグアテマラに永住する弟さんの話に基づいて書かれているので、青年海外協力隊が2年間のグアテマラ生活で知りうるようなことは全てここに書かれています。

なので逆に、まだグアテマラに来たことがない人で、

 

グアテマラのことが知りたい!

 

グアテマラで生活するってどんななんだろ?

 

という人の期待にコレほど応えられる本もないんじゃないかな、と思うくらいリアルで、時には細かすぎて伝わらないくらいのグアテマラでの生活の描写が書かれています。

例えば、グアテマラ人が愛してやまないフライドチキンチェーン店、「ポヨ・カンペーロ」のことが以下のような現地の人しか知りえないエピソードと共に書かれています。

弟がポヨカンと呼ぶこのチェーン店は、グアテマラのケンタッキー・フライド・チキンみたいなもので、以前は首都にしかなかった。ポヨカンとケンタッキーが闘ってケンタッキーが撤退した時、グアテマラ人は、それみたことか、と大喜びしたそうだ。

「グアテマラの弟」本書より引用

これを読んで、グアテマラ人ってこんなにポヨカン好きなんだなぁ、ケンタッキーご愁傷様~、と改めて思いました。(因みに私もポヨカン、と略して呼んでいます!)

これはほんの一部で、家族との会話やメルカド(市場)の喧騒、更にはスペイン語を覚えたてのときに絶対にみんな言いたくなる感謝の言葉、

 

「むちゃむちゃグラシアス!!」(本当はMuchas Gracias ムーチャス グラシアス、Thank you very muchの意)

 

まで飛び出します(笑)!そんな細かい描写まで、「あーわかるー」となるので在住者としてはニヤニヤが止まりません!

 

 

片桐はいりさんの独特な語り口調が魅力の「グアテマラの弟」

テレビなどで見かける片桐はいりさんの、あの強烈なインパクトのある見た目から放たれる独特な語り口調、あれが本書の中でも健在で、やっぱりクスクスっとなってしまいます。

なかでも思わず吹き出してしまったのは片桐はいりさんがグアテマラの温泉(公衆浴場)に入ったときの描写、

霧が雨に変わるのもおかまいなしに、わたしははやる心で水着に着替え、脱衣所代わりの内風呂を飛び出した。
そのとたん、休憩所でたむろしていた二十人ほどの先住民の男女から、ぎゃーっ、と悲鳴とも歓声ともつかぬ声があがった。
何か不始末でもしでかしたか?わが水着姿を点検してみたが、特にしまい忘れているものもない。

「グアテマラの弟」本書より引用

この他にも、実際にそのシーンを想像しながら読むと、片桐はいりさんが出ているドラマを見ながら思わずクスクス笑ってしまうのと同じ感覚に陥るような描写がいくつもでてきます。

 

 

電車の中で読むと恥ずかしい思いしちゃうのでご注意を!

 

 

因みに、私のブログでも書いたグアテマラあるあるの一つでもある「チーノ問題」(本書ではチーノ攻撃といっている)

グアテマラからみた、中南米ラテンアメリカで日本人旅行者が遭遇するチーノ問題のこと

2017.11.11

これについて片桐はいりさんは、

そもそもイラン人とイラク人の区別もつかない私に、彼らのことを責めるいわれもない

「グアテマラの弟」本書より引用

とこの問題をユーモラスに一蹴していました。

流石です!

 

 

本書のタイトルは「グアテマラの弟」、家族の話なのです

こうしてまんまと私は、「片桐はいりのおもしろグアテマラ旅行記」にクスクス笑いながら本書を読み進め、最後に大逆転で涙を流してしまいました・・・

この本はグアテマラのことについて書かれたものではなく、片桐はいりのおもしろ旅行記でもなく、「グアテマラの弟」、つまり、片桐はいりさんの家族の話だったのですね。

かたやテレビや舞台で活躍する女優さん、かたや地球の反対側、中米のグアテマラに永住する日本人、一見ぶっ飛んだ人生を歩んでいる二人の姉弟のぶっ飛んだ家族観が描かれているのかと思えば、そうではありませんでした。

 

家族という特殊な人間関係が持つ独特の間があって、それは不思議と全く別の人生を歩む私の心の中にある家族観とも共鳴したのです。

 

思えばグアテマラでも、このブログでも書いたように色んな家族を見てきて、文化も生活環境も全く違う彼らに対し、なぜか心の中にある懐かしい部分が共鳴する感覚を覚えることがあります。

 

そして恐らくは、片桐はいりさんもまた、グアテマラにいる弟さんとその家族に触れて、心の中にある懐かしい部分が共鳴し、最後のシーンに繋がったのではないかな、と想像します。

 

 

心の中の懐かしい部分が共鳴する、片桐はいりさんの「グアテマラの弟」

心の中の懐かしい部分が共鳴する

なんのこっちゃ!?と思われるかもしれませんが、私の言語能力ではではこの感覚を表現できるのはここまでが限界です。

気になる方は本書を読んでいただければ、と思います。

読んでいただければきっと、これはグアテマラに限らず、途上国での生活を通じて色んな家族の姿を見ている人、あるいは日本の田舎でゆっくり流れる家族の時間を知っている人、全ての人に共感してもらえるのではないかな、と思います。

片桐はいりさんの著書「グアテマラの弟」、とってもオススメの本です。

 

 

その他オススメ記事

私が現地でのボランティア活動を通じてみたグアテマラの素敵な家族の話はコチラ▼

父と子が紡ぐ糸 グアテマラで青年海外協力隊活動中に見たステキなカゾクのカタチ

2017.07.12

グアテマラでのホームステイでせにょーらとする会話は本当に楽しくて和む時間なのです▼

グアテマラでホームステイ せにょーら(ホストマザー)と私の陽だまり会話とスペイン語の罠

2017.08.08

グアテマラの床屋事情について身体を張って調査した結果がコチラ▼

グアテマラの床屋で「ジャスティンビーバーにしてください」と頼んだらこうなった(動画あり)

2017.08.31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA