海外生活(留学、駐在、ボランティア)において日本人同士がつるむことのメリットとデメリット

現在、青年海外協力隊としてグアテマラで生活するのが人生3度目(留学、駐在、ボランティア)の長期間の海外生活経験なオチョ(@diadecanicula)だけど、海外生活をしていてよく耳にするのが、「海外で生活している日本人同士でつるむのってどうなの?」的な話。

事実私はイギリス留学時代、極力日本人とつるまないように距離を置いた。

一方で、現在、青年海外協力隊としてグアテマラにいる間は積極的に日本人とつるもうとしている。

どうしてそれぞれの局面で間逆の立場をとっているのか、理由や考え方について書きつつ、「海外で日本人同士でつるむこと」について、メリット・デメリット等を考察してみたいと思う。

 

 

つるむ?イギリスでの語学留学時代

私の選択

日本人とはつるまない。

 

その選択をした理由

まず、絶望的に英語が出来なかったので日本人とつるんでいる場合じゃなかった。それよりも、どうしても英語を上達させたく、その目標を達成することで必死だった。

また、親から資金援助を極力受けたくなかったので、周りの日本人(ほとんどが親のお金で留学)と同じレベルで遊ぶことが予算的に不可能だった。

そもそもパリピな雰囲気もあまり好きじゃなく、馴染めなかった。

 

考察

イギリスにはたくさんの日本人留学生がいたので、まず、日本人同士でつるめば寂しいとか孤独感とかを味わうことはない。

留学初期から一気にたくさんの友達が作れて、みんなと楽しくわいわい遊べて、旅行もたくさんいけて、楽しい思い出がたくさんできる。

また、同じようにバカンスで留学に来ている外国人もたくさんいるので、彼らとも一緒にパーリーパーリーできる。

海外生活をエンジョイしたいという人には、日本人同士でつるむことはオススメ。

但し、英語はあまり上達しないように思う。

その日本人の中に何人か既に英語をしゃべれる人がいると、集団行動するときはその人だけにしゃべってもらってしまっていた。

実際、日本人同士つるんでいた人で、後に英語を使って海外でバリバリ働く、みたいな人の話しはあまり聞かない。

また、お金がかかる

親の仕送りや潤沢な貯金が保障されていない限り、この生活を長期間続けるのは資金的に難しい。

私の場合、日本人とつるまなかったことで、結果的に、留学を通して英語力も上達し、後に海外関係の仕事に就くこともできたのでこの選択はよかったと思う。

周囲とは予算が合わなかったのでみんなとわいわい旅行は出来なかったけど、その代わりバックパック一人旅をすることができ、そんな一人旅からは学ぶものもたくさんあった。

初一人旅はスコットランド

但し、当時同じタイミングでイギリスに行っていた日本人とは、今は誰一人として交流がなく、寂しい気持ちもある。

 

 

つるむ?グアテマラでのボランティア(青年海外協力隊)時代

私の選択

日本人と積極的につるむ

 

そのポジションをとった理由

学生時代と違って、海外生活や外国人とのコミュニケーションに既に慣れていたので、語学の不安がなかった

一番近くに住んでいる人でもバスで1時間の距離があるので、積極的ににつるむといっても会うのはせいぜい1ヶ月に1・2回程度と、自由な時間が無くなってしまうというほどのことではない。

そもそも日本人同士、といってもほとんどが、同じ目的を持つ青年海外協力隊同士の交流になり、活動する上で参考になる話が共有できる。

 

考察

そもそもグアテマラにそんなにたくさんの日本人がいるわけではなく、物理的な距離もあるので、積極的につるんでもスペイン語習得に大きな影響が出るほどの時間はとられない。

また、途上国での生活や現地での活動に早い段階で慣れるためにも、日本人同士の交流は役に立つ情報の宝庫である。

ただ、あまりそれが頻繁だと、現地の人々の生活に向き合うこと、現地の人々と同じ目線で活動すること、といった目的意識が薄れてしまうという危惧もある。

また、数が少ない分、日本人コミュニティがとても狭く、人間関係に窮屈さを感じることもある。

そのような窮屈さやわずらわしさと極力接点を持ちたくない場合は、公務など最低限の機会に限定して交流することがよい。

 

 

まとめ

海外で日本人同士つるむべきか否か、

いろいろと考察した結果

 

 

正直、どちらでもよい!

 

 

別に日本人同士でつるむことが悪いことではないし、逆に距離を置くことも悪いことじゃない。

双方のメリット・デメリットを正しく理解したうえで、「自分に今必要なのは何か」を意識しながら適宜ポジショニングをしていけばよい。

強いて言うなら、言語があまり自信のないうちから日本人同士でつるむことについては少し慎重になったほうがよいかもしれない。

 

ただ要は、これは是か非かの問題ではなく、各個人の「選択」の問題に過ぎないのだ。

但し、ここで注意すべきは、「自分がしなかった選択をした人」に対して変に敵対心を抱いたりしないこと

各々の「選択」を尊重すること。

そして同じく「その国に住む日本人」として、有益と思われる情報については出し惜しみせずに共有し、困っているときにはお互い助け合うこと

特に、先にその国に来て、より長くその地に滞在している人ほど、Giveの精神で後から来た人に惜しみなく情報を提供すること。(私はこれで幾度となく助けられている)

海外の日本人コミュニティって、とっても狭い世界になるので、このような、いたって当たり前なことが、とっても大事なことになってくる。

 

 

つるむ?おまけ

シンガポールでの駐在員当時の私の選択

日本人とはつるまない。

 

その選択をした理由

アホみたいに仕事が忙しくてそれどころじゃなかった!

選択の余地すらなかったのよ~~~ ウワァァ—–。゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!

 

 

その他オススメ記事

グアテマラで絶賛お世話になっている新卒青年海外協力隊のみなさん▼

新卒青年海外協力隊のパワーなんなん!?大学卒業したての彼らが最強だと思う理由

2017.08.14

グアテマラでの生活で不満に思うことを10個あげてみました▼

嫌いじゃないけど・・・グアテマラに染まってしまう前に不満をまとめてみた

2017.08.26

狭いコミュニティにいるときこそ距離感を大事にしたいですね▼

飲み会メンバーを「枠」でくくる悪習について物申す

2017.07.26

ツイッターでもきままにつぶやいています

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA